×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

auのiidaと価格情報

スポンサードリンク

「iida」の価格とKDDIの力

  さてauから発売の「iida」の気になる価格ですがKDDIはすごいです。最新の他社iPODと比較しても同等の機能とデザインを持ちながらその価格は大幅に下げられて
おります。大よそ4万円台前半とのことですよ。 最新のHITACHIのWOOO携帯で5万オーバーですから相当のコストパフォーマンスとなっているでしょう。 「iida」
をWikiで調べると読み方はイノベーション、イマジネーション、デザイン、アートで「iida」という名前となっているのだそうです。ネーミングからもコンセプトが
伝わってきますよね〜。メーカーはSONYエリクソン製ということで品質の高さも伝わってきます。発売日などの詳細は公式ホームページに載っているのでチェックし
てみてください。

スポンサードリンク

「iida」と「G9」と「プロジェクター」

  「iida」はその機能以上に外観と付属設備に力を入れています。「G9」というシリーズは外装にチタンコーティングを施したフレームを使用しており外観だけ
でなく強度も考慮したデザインになっています。CMを見てもそのかっこよさが伝わってきますよね。携帯電話も様変わりしてきました。現在口コミサイトなど
で調べてもタッチパネル製の携帯がかなり人気のようですね。値段はまちまちですが今後タッチパネルのスペックが主流になることを考えれば高くはないと思
います。 「iida」で最大のセールスポイントには付属のプロジェクターがあります。プロジェクターでワンセグを視聴することが出来るんですよ。携帯もそこ
まで来たかと驚いています。前評判も相当いいようです。最新携帯情報を見逃さないように〜。

スポンサードリンク